コーセー健康保険組合

コーセー健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

特定健診・特定保健指導

40歳から74歳までのすべての被保険者および被扶養者に対して、特定健康診査(特定健診)が実施されています。特定健診とは、メタボリックシンドロームの該当者および予備群を減少させるための特定保健指導を必要とする人を抽出するために行うものです。

POINT
  • 40歳になると、特定健診の対象となります。
  • 特定保健指導の対象となった方には、健康的な生活に自ら改善できるよう、さまざまな働きかけやアドバイスを行います。

特定健診・特定保健指導とは

特定健診・特定保健指導は、生活習慣病の発症を未然に防ぐために、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の該当者や予備軍を見つけ出し、保健指導(特定保健指導)の実施を義務付けられました。生活習慣病は生活習慣と密接な関係があると言われています。

特定健診とは

生活習慣病に関わる健診項目を受診して頂き、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に対する現状を把握するものです。受診結果は各種数値により①積極的支援、②動機付支援、③情報提供と3段階に階層化されます。
特定健診・特定保健指導は40歳以上の方が対象です。本人だけでなく奥様等の扶養者も対象です。
コーセー健康保険では生活習慣病健診、人間ドック等に特定健診として必要とされる検査項目を入れておりますので、改めて受診する必要はありません。

階層化のステップ

特定保健指導とは

階層化された結果に基づき、将来生活習慣病にならないよう、今から体質改善を行い、各種数値を基準値内に戻すことを目的に、外部委託業者による運動、食事等の指導を行います。

階層化結果に基づく特定保健指導

なぜ特定保健指導に力を入れなければならないのか

皆さんの健康のために!

健保加入の皆さんが健康で、仕事やプライベートに打ち込んで頂くことが一番望ましい姿です。
健診結果の高数値は将来的に健康を危惧するものです。特定保健指導の対象となった方は、一日も早い体質改善に取り組み、基準内の数値に戻せるよう頑張ってください。

皆さんの保険料負担抑制のために!

コーセー健康保険組合は、保険料の40%強が後期高齢者医療制度等の支援として、国へ納付しています。特定保健指導実施率、改善率等により、この納付金が増減することになっており、未達が続くようですと、将来、保険料負担アップが懸念されます。

当健保の特定健康診査等実施計画について

特定健診・特定保健指導を進めるため、コーセー健康保険組合の実施計画を策定しました。

特定健康診査等実施計画

ページ先頭へ戻る